探偵

旦那の浮気を調べる方法 探偵・興信所相談

 

 

 

 

 

 

 

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って発見することが容易になりました。スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に使用させることにより、相手の現在位置が判断できます。

 

マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、これを使ってみるのも手ですね。

 

 

異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。

 

もし、今の家庭環境に不満でも、気に入った相手と人生リセットだなんて、虫が好すぎると世間一般では思うでしょう。

 

 

 

夫婦の間で生じた不満なら、浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。

 

 

 

ましてや子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。

 

 

後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。
一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、旧型の発信機と比べると明らかに対象車両の追跡に効果を発揮しています。
最近の高性能GPSというのは正確で、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、相手車両の発見は容易になりました。

 

高性能の小型GPSを設置することにより、追尾調査の精確性は大いに向上します。
一般的に不倫の証拠に使える写真というと、二人一緒にラブホテルなどに出入りするシーンなどは、はずせないです。
頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、いざ写真を見るとうまく撮れていないことが少なくありません。
裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影したいのであれば、最初から興信所などを手配したほうが賢明でしょう。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。

 

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。
しかし先週、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、離婚することになりました。これから女手一つで、この子たちを育てていくわけです。
私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士さんを頼み、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。
だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。証拠さえ入手すれば、心ゆくまで向こうを追い詰めることができるというものです。
私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気をやめさせることに成功しても、再び浮気することもあります。
休日に家族と過ごす時間が減ったり、携帯にロックをかけるようになったりして、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが寛大すぎたことが考えられますから、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が不可欠です。

 

 

一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、された側にとっては人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。そんな不埒な行いをしたい放題にしておくなんてもってのほかです。不倫の証拠収集というとすぐ思いつくのは、携帯(スマホ)ですね。メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。

 

 

浮気に依存しやすい人というのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。

 

共通する点といえば、やはり精神的なストレスでしょう。
既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情を心の中に抱えることが多くなり、ウツの症状が固定化されてしまうのです。それに、取り残された配偶者もウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。
パートナーの不倫で悩んでいるなら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用するというのもありだと思います。家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、いきなり知らない相手に極めてプライベートな調査を依頼するのは、やはり不安でしょう。

 

 

 

安心のために探偵を雇うのですから、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。

 

不倫の調査は調査対象が身近な人間なわけですから、調査していることに気づかれやすい上、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も想定しておかなければいけません。

 

 

探偵業者でしたら、幅広い年齢層の調査員と、対象を警戒させずに不倫調査を行う技術があるので、自分や知人などが調査するより確実に素行調査や裏付けがとれるはずです。

 

 

 

トラブル回避のためにも利用をお勧めします。

 

 

近年は技術改良が進んで、GPSの衛星測位システムを使って浮気を発見することが容易になりました。

 

スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に使用させることにより、今いる場所を特定できてしまうのです。

 

 

法律に触れることはないので、相手の不倫を自力で見つけたいときはこれとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。

 

 

探偵に依頼される案件のほとんどは、浮気の行動調査ではないでしょうか。挙動不審なところがあるので、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

 

不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、確実な裏付けが必要ですから、探偵に依頼するのが賢い選択でしょう。
探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。

 

 

営業所の住所や連絡先などは、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。相談してみると、どの程度の調査でいくら位のコストになるか仮見積もりを出してもらえます。

 

相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、費用だけでなく内容もそれで良いかよく考えてから依頼することもできます。そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。先に見積もってもらった金額に尾行の際の諸経費や別途加算代金などが組み込まれ、契約を破棄したいというと、違約金として一定額を支払わなければいけなくなったりします。
契約書にサインする前にチェックは入念にするのは不可欠なのではないでしょうか。

 

料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、お付き合いを始めました。
まあ、不倫ですよね。

 

 

 

子供ができてから今までの間、まったり主婦ライフを送っていたため、パートだけにしてはおかしいと、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚する羽目になってしまったのでした。

 

社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。しかし、もしバレても、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では仕事を辞めさせることはできないのが現実です。

 

 

ただ、職場の規則やパートの契約書などの、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、せいぜい上司から注意される程度で、処罰といえるようなものはなしで終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。

 

興信所や探偵社で行う浮気調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んで一見するとオトクに感じますが、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、日数の長期化があらかじめわかるケースではお断りというパターンもあるようです。

 

 

 

当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。自分でなく、職場の同僚のことなんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、男の方を相手どって裁判を起こしたいと言うのです。

 

 

 

しかし訴訟というものには訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言ったのです。
まずは冷静になることですよね。

 

 

 

探偵業といえど競争があるのは事実で、破格値で調査してくれるところとか、浮気調査なら一律いくらなどと謳う業者もしばしば目にするようになりました。

 

ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もないわけではないので、正式に契約してしまう前に価格や内容をよく確認し、あとで後悔することがないよう気をつけるようにしましょう。浮気の確固たる証拠を提示できない場合、訴訟では思うような結果にならないかもしれません。

 

 

 

不倫行為の存在を法廷が認めてくれない場合もあるのです。
そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。

 

 

 

グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのを防ぐために、あらかじめきちんと調査しておくべきです。
調査が終わり、探偵業者が発行する報告書は、公的な書類のように書式や記載事項が決められているものではありません。
ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使う際は、なんでも証拠になるというわけではないので、良質な情報を備えた報告書である必要があります。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、探偵社の中でも相応のところに依頼すると良いでしょう。

 

 

先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、ほとんど病気なみに身についたもののようです。

 

結婚する前からと合わせると相手も複数。
常習だったんですね。根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。

 

 

本能なんでしょうか。

 

まさか、ですよね。
一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす価値すらないような気がして、いいかげん別れるしかないでしょう。素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのが一般的かつ確実だと思います。
質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、複数を比較することがコツです。

 

調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいはおさえておきたいところです。
不当な高値請求の業者に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。
ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。

 

そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。もし、今の家庭環境に不満でも、気に入った相手と人生リセットだなんて、いくらなんでも都合がよすぎるように思えてなりません。

 

 

 

夫婦間の問題は浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。ましてや責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。

 

冷静になって悔やんでも始まりません。浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。

 

中にはとんでもない金額を請求するケースも見られます。高額請求の背景にハイクオリティな仕事があるのかと聞かれれば、実のところ非常に微妙です。成果があればこその対価であるのに、不倫の証拠が得られないという結末にならないためには、費用の相場を、契約を交わす前におさらいしておくべきですね。

 

パートナーがすごく用心深い場合、素人が浮気の証拠をつかむのは無理というものです。
ただ、証拠というのは重要です。

 

 

 

もしあれば、離婚してもしなくても、有利な展開に持ち込むことができます。

 

浮気相手がいることが分かったら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。

 

 

いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、浮気相手と出かけているときの写真等、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。

 

 

 

クラス会やOB会では既婚者同士の恋愛に発展するケースが多いことが知られています。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同年代の思い出があるせいか異性であることをあまり意識しないため、気持ちが通じやすくなるのです。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに配偶者が不審な行動をするようになったら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。よくあるのは、浮気の素行調査等で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。とはいっても、探偵の調査が浅かったために結果が得られないといった例もあるでしょうし、依頼する探偵社の質や評判をあらかじめ確かめてから契約するのが大事です。
それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。

 

 

 

普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。
ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。大抵の人間はウソをつくとき、快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。短い質問なら簡単に答えれば良いのに、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。
やましいと思っているほど、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。

 

視線もキョドりますし、目線を追うとすぐ判別がつきます。

 

 

既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、実親や配偶者に妊娠を望まれたというのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。本来大事にすべき相手を騙していることに自責の念を感じ、W不倫の現実に辟易するのです。
それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、以前からの罪悪感もあって、別れることに積極的になるでしょう。まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。

 

でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないのではないでしょうか。離婚云々はさておき、肝心の証拠を押さえておけば絶対的に有利というものです。
もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、その道のプロ(探偵)に相談する価値はあるでしょう。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと思われるかもしれません。
でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、男だらけの職場でも安心してはいられません。常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。もし疑いをもつようなことがあれば、探偵を使って調査してもらうと、無駄に心配することもなくなるわけですし、気持ちの上でも安らかになるはずです。婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求ができるのをご存知でしょうか。いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、手続きとしては最重要なものだと思います。浮気だからと認知に消極的なときは、裁判にまで発展するケースもあります。

 

 

 

そのような事態に陥る以前に不倫関係を絶っておかなかったら、長期的に見てかなりの不利益があると思っていいでしょう。

 

 

たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は探偵会社によって幅があります。話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、多少面倒でも複数の探偵社で見積書を提示してもらう方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。

 

 

 

それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不倫調査の対象者について知っている情報をなるべく詳細に説明しておくと、効率良く調査できるので、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。